不妊治療について不妊治療について

border不妊とは

避妊を行わずに夫婦生活を営んでいる場合、全体の約80%の夫婦が1年以内に妊娠するとされています。日本産科婦人科学科では1年以上経つけど妊娠しない状態を不妊としており、その割合は現在6組に1組であるといわれています。

border不妊の原因

不妊の原因は、男性側、女性側、あるいはその両方にある場合がありますが、検査で原因が特定できないこともあります。

  • 女性側の原因
  • 1.排卵因子規則的に月経がある女性の場合、月経の2週前には排卵が起こります。一方、月経が不規則な女性の中には、月経があっても排卵がない方がいます。排卵しないと妊娠することはできないため、排卵を起こす治療を行います。排卵があるかについては、基礎体温を記録するとご自身で確認することが可能です。
  • 2.卵管因子卵管は、排卵した卵子を取り込み、卵子と精子が受精する場所です。卵管の炎症や子宮内膜症により卵管が閉塞していると妊娠することができません。子宮卵管造影検査で卵管の通過性を調べることが可能です。
  • 3.頸管因子排卵が近づくと、子宮頸管から粘液が分泌され、精子が子宮内に進入しやすくなります。粘液の量が少ないと子宮内に進入する精子が減少し妊娠しづらくなります。自宅で性交渉した後に病院で頸管内の精子を観察することで状態を調べることが可能です。
  • 4.免疫因子免疫は、細菌やウイルスなど異物が体に進入しないための大切な反応です。一部の方で、精子の運動性を失わせる抗体(精子不動化抗体)を持つ女性がおり、妊娠しづらい状態となります。血液検査で調べることが可能です。
  • 5.子宮因子受精した胚が着床する場所である子宮内膜にポリープがあったり、子宮筋腫により子宮内膜が変形していたりすると、妊娠がしづらくなります。子宮鏡検査で子宮の内腔に異常がないかを調べます。
  • 男性側の原因
  • 1.造精機能障害精子数の減少や精子の運動率低下がみられます。精液検査を行うことで調べることが可能です。
  • 2.精路通過障害精巣で造られた精子が、精管の閉塞により排出されない状況です。
  • 3.性機能障害排勃起障害や腟内射精障害などがあり、ストレスや糖尿病などが原因と考えています。
border不妊の検査

治療を行う前に、不妊の原因について以下の方法で調べます。

  • 女性側の検査
  • 1.内診・超音波検査規子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮内膜症の有無につき調べます。
  • 2.血液検査女性ホルモンをはじめ、甲状腺ホルモンや母乳に関連があるプロラクチンなどを調べます。
  • 3.子宮卵管造影検査排X線撮影室で、子宮内腔の形や卵管の通過性を調べます。
  • 4.性交後試験(フーナーテスト)排卵直前の妊娠しやすい時期に性交渉を行い、子宮頸管内の粘液に運動精子を認めるかを調べます。
  • 5.子宮鏡検査着床を妨げる可能性がある子宮内膜ポリープの有無につき、内視鏡で確認します。
  • 男性側の検査
  • 1.精液検査精液量、精子数、運動率、奇形率を調べます。
border不妊の治療

不妊の状態は個々で異なりますので、個人の状態に合わせた方法で治療を行います。以下、代表的な治療方法です。

  • 1.タイミング法診察で排卵日を予測し、妊娠しやすい時期に性交渉を持っていただく方法です。排卵日前後の通院が必要です。
  • 2.排卵誘発法内服薬や注射で排卵を促す方法です。注射必要な場合は通院回数が増えるので、自宅での自己注射を行っております。
  • 3.人工授精精液を洗浄することで精子濃度をあげ、細いカテーテルで子宮内に注入する方法です。排卵日に行います。タイミング法で妊娠しない方、頸管因子を持つ方、射精障害の方に対して行います。
  • 4.子宮鏡下手術子宮内膜ポリープや子宮内腔に突出した子宮筋腫を摘出します。入院が必要となります。
  • 5.腹腔鏡下手術子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮内膜症があり、妊娠の妨げとなる場合は、腹腔鏡下手術を行い摘出します。入院が必要となります。
  • 6.体外受精腟の方から細い針で卵巣から卵子を取り出し、体外で精子と卵子を受精させ、受精した胚を数日後に子宮内腔へ戻す治療です。本治療の大きな特徴は、受精が確認できることです。卵管が閉塞している方や、他の治療で妊娠しない方に対して行っております。